女将ブログ

大阪、京都、そして滋賀三日間の旅 その1


   珍しく一切予約を受けずに3日間の休暇を取って京都に出かけたのには、ある友人の死がきっかけでした。

   彼は、偏屈な割りには誰からも愛されるミュージシャンで、その日も2つのライブを掛け持って楽しく演奏をしたのだそうです。最初のライブですでにもうすっかり出来上がっていたというから、どれほど飲んだのでしょうか?

   日頃、周りの人間も滅多には彼が酔っ払う姿を見たことがなく、静かにご機嫌でいつまでもロックを飲んでいるような人でした。よほど楽しかったのでしょう。

   二件目でも随分ときこしめし、店を出たところで、今度は私も知っている友人と出くわして、さらに飲みに行ったのだそうです。

   脳血管障害を抱えていたことを知っている人間は、皆、それが原因だと思いました。

が、彼はご機嫌で酔っ払ったまま、古い駅の階段を滑り落ち、頭を打って、意識不明のまま逝ってしまいました。

   なんと幸せな死に方でしょうか?彼らしいといえば彼らしい、望んでもないような天晴れな死に方。残された私たちは途方にくれるばかりでした。


   明日何が起こるかわからない。何1つ確かなものなどありはしないと、心に刻みつけたところで舞い込んできたのが、幼馴染からのご招待のリーフレットでした。京都造形大学の教授と昨年結婚したばかりの彼女は、自らも長いこと絵を書いている人で、昨年2ヶ月滞在したフィレンツェのスケッチを展示した、ご主人との二人展。

   春の京都に行く機会など、この先あるかどうか、、、ましてや明日もしれない私たち。会いたい人にはあっておこうと思いました。


   彼女と初めて出会ったのは小学5年の夏。一学期がもう終わるかという頃。山深い里のそれにしては規模の大きな小学校に私が転校した時でした。小学生とは思えないすらりと発達した肢体。聡明で落ち着き払った仕草。他の生徒とは全くの異彩を放っている人でした。


   それから50年。こうやってまた再び出会い、人生がまた開けるように思えることを、全ての事象に感謝します。



京都何年振りかな

いっぱい歩いて、ここはどこ?な感じ。

知ってる人、教えて。





鴨川沿いのkawacafeだそうな。

青鷺まで登場。



大阪に来ています。

十数年ぶりの友人と、近々に赤ちゃんが生まれた友人に会いに、関西に旅をしています。

昨日は半分目的を果たし、、、、、



ついでに美術館に立ち寄りました。




大阪公会堂前



東洋陶磁美術館前




これから京都に向かいます。


ほら、咲いた

吉垣華園さんの桃が咲きました。


同い年


娘たち。年の頃は同じくらいでしょうか?

どちらも大切な娘たちです。

なんて、同じに扱うと,怒るかな??

え?どっちがって?
 

ひっくりかえすと・・・・・・

 

浅草で備前焼の店をやっている伯父のところでもらってきました。
かわいいでしょ?
何に見えますか? 河馬さんなんですけど。

伯父は、嫌なお客が来ると、こうしておくのだそうです。


幕の内も明けたので・・・・・ 
ふざけた話題ですみません。

魔女の林檎

 これはなんでしょう? わかります?? 

コープかながわの、多摩区事務所に保管してあります。
他にも、7人の小人の衣装もありますし、魔女のマントと帽子もあります。

もう、何年前になるでしょうか?
コープかながわの組合員活動が活発だった頃、寺尾台店の隣にある、寺尾台第一公園で毎年行われていた、地域ふれあい市民祭り。地域の自治体や、作業所や、幼稚園や、学校や、色んな団体を巻き込んで、獅子舞あり、合唱あり、楽隊あり、そして、スタッフは、小人や白雪姫になって、地域のみんなが楽しむ為に奔走していた時代。
私は、手駕篭にJAさんの林檎を盛って、「魔女の林檎はいらんかね〜」とやっていたのでした。

けがに・・がに・・・・・?

 毛ガニはおいしいのですが。

どうした事でありましょう。泡吹いてます。

こんな事考える人と、一献傾けたいものです。

 

世界的食卓?かも

 

お茶の時間です。日本茶の急須ですが、紅茶を入れ、ブルーベリーソースを入れました。
ロシア風と言うことになりますか・・・・・

日本には、あらゆるものがありますね。あらゆる食べ物があります。おそらく、探し出せば、日本で食べられないものはないのではないでしょうか?

物、だけでなく、食べ物に関する知識がある。
だから、日常の一環として、今のロシアの流行には関係はないかも知れませんが、
いわゆるロシアンティーが飲める訳です。

これって、日本のすごいところだと思いませんか?日本は、根本的に、知識欲と言う点では、世界に向かって開いている。その事を、おばちゃんタマリは思いめぐらしながら、お茶を飲むのであります。

じいちゃん、なんだか、みんな木刀振りになったね。

息子が木刀を作っています。
じいちゃんのところからもらって来た木を使い、まずはかんな掛け。


このカンナ、随分お久しぶりにお出ましです。


次には鑿で形作り。


この後、ペーパーで仕上げるそうです。
3月の舞台に使うとの事。頑張ってね。

この息子、かつてはスポーツチャンバラで世界2位になった実力者。
殺陣を楽しみにしてますぞ。みっともない演技すんじゃねえぞ。
あ、失礼しました。

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode