女将ブログ

生ゴミの話

   

 

   割としつこい方なので、しつこく畑のことを書きます。

 

   「たまり」の生ゴミは、全て畑に埋められます。EM菌というバクテリアを混ぜ、糠と落ち葉と土を混ぜ合わせて丁寧に埋められます。以前は、私もお手伝いしていましたが、肩を脱臼してからはお任せしています。

 

   そうやってしばらくすると、冬でも土の表面から湯気が立ちます。そうやって、ふかふかの美味しい土に育ってゆくのです。

 

   自然農法の土を作るまでに、10年かかると言われます。

私は運のいいことに、丁度畑を始めてから10年目の松下さんをご紹介いただきました。

私はいつも、こんなふうに恵まれているのです。

 

   先日畑を探検していたら、蕗の薹さんに出会いました。まだ、小さな蕾です。

これから、春の野菜が出てきます。蕗の薹、せり、三つ葉、ヨモギ、野蒜(のびる)など。

その後は、シロザ、菜種の類、にらが芽を出します。

 

   宝探しの日々がやって来ます。

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode