女将ブログ

その他にも、畑からの贈り物 諸々 その1

   畑には、野菜の他にも、果物の木が何本かと、これから春がやってくると、いちごが、もう取りきれないほどなりはじめます。

私は、食べきれない果物は、砂糖やはちみつで漬け込んで、果物蜜を作ります。

 

   いちごの他にも、桃、びわ、花梨、今年はたくさん柑橘の類もなりました。

できた果物蜜は、ソーダで割ったり、お湯割にしたりと、タップリ豊かにいただきます。

今ならば、花梨蜜に柚子を加えて、お湯割に。体を守る、素敵な飲み物になります。


畑からくる、人気メニュー。

   「たまり」に欠かせない、「四季折々の畑の野菜天ぷら」。

 

葉っぱのついた、朝どれの人参をはじめ、紫蘇、よもぎ、野蒜、シシトウなどなど、その時々の畑の幸が盛りだくさんに食べられる人気メニューです。


畑に来ました。いつの間にか、春になっていました。

   

 

 おはようございます。「たまり」の女将で陶芸家のクメタマリです。

 

上から、ほうれん草、ルッコラ、ゲンノショウコ、フェンネル、パクチー、ふきのとう。

 

畑には、あちこち花が咲き始めています。花サラダも遠くない。

 

あ、でも、食い気に走って、花の写真を忘れましたね。あは、、


ほら、咲いた

吉垣華園さんの桃が咲きました。


今日も白米が炊き上がりました。


佐渡の米について

   「たまり」にいらしてくださっている方はもちろんご存知ですが、ご飯がとても美味しい。炊いている本人がいうのもなんですが、とっても美味しい。

 

   それには、数多いこだわりが関係しています。

 

   「たまり」では、できるだけ白米、玄米、雑穀米をご用意しています。その中からお選びいただいています。

 

   まず、白米。「朱鷺と暮らす郷米」を、佐渡JAから直接送っていただいています。それを、やはり佐渡から届く佐渡海洋深層水で炊き上げます。

 

    玄米も同じ。玄米は、一俵が単位なので、つまりは30キロで送られて来ます。それを、私が編み出した特殊な炊き方で炊き上げます。すると、玄米とは思えない、モチモチの美味しいご飯になるのです。

玄米に関しては、実は私は特別の思い入れを持っています。現在の放射能時代、私たちは玄米を食べた方が良い。特に、赤ちゃんを抱えたお母さんは玄米をできるだけ食べた方が良い、と思っています。だから、私のこの玄米の炊き方も、以前はブログで公開していました。まだ消していませんから、数年前のブログに、写真入りで詳しく載っています。

 

   また載せるつもりでいます。お母さん、どうぞ、それを見て、ご自分でもやって見てください。家族を守るのは、やはり私たち女の力だと、この頃つくづく思います。

 

 


今日は陶芸教室でもありました。

 

 

    変なもの作ってる人がいます。

 

こんなもの欲しい、でも売ってない。自分の欲しいものが、自由に作れると言うのが良いところ。


お手紙がきました。


もう一種類がこれ。

   

 

   半年に一回の割合でご利用いただいている「折り紙の会」の皆さんのために作りました。

 

もうじきひな祭りなので、ご飯を三色のひし形に。

 

    なんだか難しそうな作品たち、どうやって折るんでしょ。でも、素敵でしょ。


本日は、3種類のお弁当を作りました。

   

 

数年前よりご法事のお弁当を承らせて頂いているご家族様。

ご飯はご自宅で焚かれるということで、おかずだけのお弁当です。

   お子達には、お絵かきソボロを作り、ご自分でご飯の上に絵を描いていただけるよう工夫しました。

  大人も子どもも鳥の唐揚げを入れて欲しいということで、朝からいっぱい揚げました。

鳥の唐揚げは、「たまり」の密かな人気メニューです。「たまり」の唐揚げは美味しい、と言われます。ありがとうございます。

 


calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode