女将ブログ

新成『たまり』いよいよ始まります。

   さてさて、さすがに寒くなってきました。

 先日などは,木枯らしぴゅーぴゅー,小学生の頃の”たき火”の歌など思い出しました。
学校の帰り道、友達とつないだ手を天まで届けと振り上げて,大声で歌いながら帰った物です。

 不思議な物で,このblogを書くようになって昔の事を良く思い出します。まるで,映画を見るように,鮮明に,音声付きで思い浮かべるのです。

 あ、また寄り道してしまいました。ヾ( ̄o ̄;)オイオイ

 用件は・・・・・・『やっと、「たまり」始まります!』・・・・でした
2011年1月からですが,その前に,クリスマスをかねて,内覧会を行いたいと思います。そのお知らせです。

 この12月は,所属するN2Dの芝居があったり,地元の麻生区のミュージカルがあったりしてなかなか忙しい月。ま、美術なので,役者さんのような忙しさはないのですが、それでも,いろいろあるんですよ。

 その本番を終えて、とうとう『たまり』に専念する日が来る訳です。

 嬉しい・・・・・ほんと、嬉しい。

日時は,12月23日・木曜日・祝日・午後3時〜8時です。

 詳しくはイベントブログでご覧下さい。
 皆様にお会いするのを,心から喜び,楽しみに致しております。


















































敬愛する人々 桐山 岳大さん

桐山 岳大・・・通称たけさん

 タマリにとって,けっこう重要な位置を占めているのが,芝居です。

 その仲間の一人というか,牽引役に,この人が居ます。劇団N2D(ノーネームドゥリーマーズ)代表。

 専門はプロセスワークファシリテーター。プロセスワークとは,以下に記します。

「 プロセス指向心理学としても知られているプロセスワークは、ユング心理学、現代物理学、シャーマニズム、道教などの影響を受け、起こっていることには意味があると考えます。身体症状やうつ、人間関係の葛藤、組織内での対立といった一見「問題」に見える体験には、深く探っていくと、個人や人間関係、またグループにとって貴重なメッセージがあると理解します。その中でもグループへの取り組みはワールドワークとも呼ばれ、 数人の小さなブループから数百人単位の大きなグループまで対象にします。ビジネスミーティングのように構造化されたものから、性差別、人種差別、戦争といった集合的な問題に取り組む感情的なものまで、ワールドワークで取り上げるテーマは多岐に渡ります。即時的な解決よりも、そのグループの中にある様々な声に耳を傾け、グループが自分自身を探求、発見、理解することで持続的なコミュニティを築いてくことを目的としています。」

 彼は,体の中に染み渡って行くような深い声でこう語ります。

「本当に大切な情報は、自分の中にすでにもっているものなのです。高いお金を支払ってセミナーを受けたり、高名な人の話を聞くよりも、自分の聞いていない声を聞くことが、エコロジカルであり持続可能な道を拓いてくれるものです。」

 覚えている限りで最も古い夢、つまり,最も幼い頃の夢を彼はたびたび扱います。その中に,その人の生涯を支えるビジョンがかくされているのです。

 自分の中に答えがあり,それに耳を傾ける事で自身の道が開けて行く事は,いつも,人と同じ事の出来かねる、不具合な私にとっては天啓でありました。

 ただ、こういう風に,明確にことばで伝えられたのではなく,芝居の訓練の中で伝えて行くのが手法のひとつでありました。

 彼の師匠は,かの哲学者竹内敏晴氏と、ワールドワークのアーノルド・ミンデル氏であると言います。

 その,岳さんが今回,独り舞台に挑戦します。

    闇は光へとつながる 「Judgement」


 どうぞ,ご覧下さい。













1分半でご飯を炊く方法

 圧力釜で炊きます。けっこううまく炊けるものです。

 朝,「あれ!お弁当のご飯がない!確かに夜,ご飯の料を確かめて寝たのになぁ・・・・ 
そう言えば,誰かが夜中ごそごそしてたなあ・・・・・・」

 こんな時に,威力を発揮します。

1・米を洗って,同量か,ちょっと少ないくらいの水と一緒に圧力鍋に入れます。
  平らにならしましょうね。

2・ふたをきちんとセットして,強火に添加し,沸騰しておもりが上がりきるまで待ちます。
  2、3合で5分もあればおもりが上がるはず。

3・おもりが上がったら,正確に1分半を量り,火を消します。

4・15分蒸らし、鍋底を水につけた後におもりが下がった事を確かめてからふたを開けます。

 → こんな感じ

 米を洗うところからだと,20〜25分かかります。

圧力釜をお持ちの方は是非試してください。ちょっと,もちもちした感じのご飯になります。栗とか一緒に入れると、とっても美味しいです。この場合は,少し美味しい塩を入れてあげましょう。




 








ねるねこ

      

 うちの女王様、ちび助「プニプニ』です。心なしか笑っているように見えますね。なんの夢を見ているのでしょう?原始人のお肉???

 起きてくると、これが怪獣です。
                            

ずっと、寝ていてください。





ほのほの灯り


 さてさて、これは何の映像でしょう???

 ああ・・・・・♬  あれは2年前  ♪・・・・だったかな?

 うちのおてんば「プニプニ」が、和室の本棚の一番上の段から以前の和紙の素敵な照明傘
に華麗にダイビング。この傘,今の自宅に引っ越す時にテディベアー作家の西原 恭さん 

http://members2.jcom.home.ne.jp/hyssop-bebe/
                      にプレゼントされたものなのに〜〜〜

あらまあ、すっかりボロボロになった傘を眺めてため息ついて,落胆したまま年月が経ったのですが,今回,一念発起、新しい傘を作ることにしました。

 この写真は,下から写したところ。ホイルを張って,反射効果を狙っています。 


 これが完成図。タマリは一人自画自賛。
 よろしかったら,ご注文,承ります。







鬼が笑ってる

  このタイトルを入れたら,「夜が笑ってる」と言う歌を思い出しました。

 タマリが生まれた昭和30年代に始めに,船村透の作曲・星野哲郎作詞のゴールデンコンビで生まれています。

 大好きな歌です。ちあきなおみのリメイクが好きです。

 YOU  TUBEで動画アップをしようと思いましたが,今,このサイトでは出来なくなっていますね。良かったら,見に行ってください。

 

 さて・・・・本題。

 手帳を買いました。2011年分です。右が新しいの。


ついでに、極細ペンも・・。そうじゃないと,こんなになっちゃうのです。


もう,自分でも訳が分かりません。これはペンのせいに違いない。そこで・・・・・・
新しい手帳に12月分を書き込んでみました。


ほらね、見やすくなりました。極細ペンは偉大です。













映画の世界

 駒沢通りを車で走っていたら!!!
こんな物見かけちゃいました。思わず車を止めて,撮影です。
タタタタターミネーターですよね!?
もう,びっくりした〜!!


        


 隣には,全身像です。足下は死屍累々。

 なんのお店でしょうか?

 ハリー・ポッターの人形や魔法のスティックも置いてありました。
早朝だったので,中に入って聞くことができませんでした。

どなたか,ご存知の方があったら是非,教えてくださいませ。









 

佐渡の石

 8月に佐渡に行った時に,佐渡の名産「五色瑪瑙」をたくさんいただいてきました。

焼いてみてくれと言う事でした。

焼いてみました。

 1260度でびくともしません。どのくらい温度を上げたら溶けるのでしょうか?

 佐渡に,無妙異焼きと言う焼き物があるのですが、とても高い温度で焼きしまっている見事な焼き物です。その理由がわかる気がします。

 どのように活かせるか、これからの課題です。楽しみです。

芽が出ました

     

 小さな芽ではありますが・・・・・

 9月から11月初めまで通っていた起業家塾。その最終日に,川崎産業振興財団担当者のN氏がお土産としてくださった物です。

 ビニールの袋に,のりのついたふたがしてあり,その中に,乾燥した土らしき物が入っていて,別にちいさな種がついていました。

 この時期に芽が出るかどうかはいぶかしがりながら,ふたをはがし,水を注いで土をふやかし,種をまいてから1週間、毎日陽に当てたり暖房に当てたり,世話をしてきました。

 昨日,とうとうかわいらしい芽が出ているのを発見!

・・・・・・・・・・・嬉しい・・・・・・・・とってもうれしい・・・・・・・・

 でも、これからどうなるのかしら???
このままだと,あきらかに大変なことになりそうです。
こんな小さな器だもの。いや,器ですらないもの・・・・!

 やっぱり,今のうちに植木鉢かプランターに移してやったほうがいいかしら?
でも,急に環境が変わってしぼんじゃってもいけないから,今のところは様子を見たほうがいいかしら?

 うう〜ん、悩みどころです。

 ・・・と!!思ったら!

 見つけました!これ!!


 添付の説明書! さりげなく,台所の床に落ちているんだもの・・・・・

 これを見ると・・・・・あのビニールの袋のままワサワサ大きくなるみたいですね。

ワサワサワサワサ・・・・・・・・・こんななかで?

不思議だ。どうなっているんだろう?

・・・・・世の中・・・・・・




タマリの行きつけ2件

 16日に起業家塾の同級生に誘われて,2011年3月3日に小田急線百合丘にオープンする、

「株式会社さくらの丘」デイサービス&コミュニティーサロン

の活性化打ち合わせ会議に行ってきました。

 タマリがこれから開店することになっているのも,百合丘です。何かの御縁かとも思い,何が出来るのかを探るつもりで参加してきました。

「さくらの丘」のコンセプトは,介護される人もする人も,幸せになれるシステム。その為には,たくさんの支える手が必要になります。
タマリはどのような手になれるでしょうか?

 さて、帰りが同じ方向だった同僚と一緒にこの日はタマリの行きつけに行きました。


 柿生駅から1分のところにある,「香欒」。からんと読みます。
写真は,タマリのお気に入り,「やまと豚の生ベーコンのカルパッチョ」。
レモンを絞り込んでいただきます。

                 

 いつも飲むのは,「導師」のロックです。火曜日だったせいか,常連さんも少なく,静かな日で、ゆっくりとお話しが弾みました。

 「香欒」を出て,まっすぐ帰ればいいんですが・・・・・・これが帰れた試しがありません。
 信号を渡ろうとすると,ここに,関門のように控えているのが,「サザナミ」です。
ここは,いわゆる昔流のカラオケスナックと言う奴です。28年もやっていらっしゃるそうです。・・・・すごい・・・・・
お客様がとても上品ないい方ばかりです。女性のお客様も多く,決して絡まれたりしたことはありません。

 お隣に,ドイツ人のイケメンさんが居て,けっこう酔っぱらっているようでした。お連れの方がカメラマンなのだと教えてくれました。お連れのお兄さんと一緒に歌ったりして,楽しく盛り上がるうちに閉店になり,帰ろうとしたら,タマリの分まで支払ってくださり,お名刺をいただきました。

 あきらかに年下の方にごちそうになってしまったのは,この日,2回目です。
 「さくらの丘」の打ち合わせ会議に行く前に起業家塾の同僚と3人でお茶をした時に,1番若いFさんにごちそうになってしまったのです。

朝になって冷や汗かいて,メールでお礼をしました。
どうも,色んな事がありますね。










calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode